Public | Automated Build

Last pushed: 9 months ago
Short Description
Twitter ego search and post to slack
Full Description

slack-twitter-egosa



TwitterでエゴサしてSlackに投稿します。

環境

  • Bundler
  • Ruby

設定

各環境変数に値を設定します。
検索ワードで指定した-から始まるワードは除外ワード扱いされます。

  • WEBHOOK_URL: 投稿先のslackのIncoming WebhooksのURL
  • CONSUMER_KEY: TwitterのConsumer Key
  • CONSUMER_SECRET: TwitterのConsumer Secret
  • OAUTH_TOKEN: TwitterのAccess Token
  • OAUTH_TOKEN_SECRET: TwitterのAccess Token Secret
  • USER_STREAM_WORDS: 自分のタイムラインから検索するワード。スペース区切りで複数指定可能。
  • FILTER_STREAM_WORDS: Twitter全体から検索するワード。スペース区切りで複数指定可能。
  • MUTE_USERS: エゴサ対象外にするユーザ。スペース区切りで複数指定可能。

普通に起動

$ gem install slack_twitter_egosa
$ cat > .env
WEBHOOK_URL=https://hooks.slack.com/services/XXXXXXXX/XXXXXXXX/XXXXXXXX
CONSUMER_KEY=XXXXXXXX
CONSUMER_SECRET=XXXXXXXX
OAUTH_TOKEN=XXXXXXXX
OAUTH_TOKEN_SECRET=XXXXXXXX
USER_STREAM_WORDS=阿部 あべ
FILTER_STREAM_WORDS=abcang ABCanG1015 -@ABCanG1015
MUTE_USERS=ABCanG1015
^D
$ slack_twitter_egosa .env

Dockerを使って起動

docker run \
    -e "WEBHOOK_URL=https://hooks.slack.com/services/XXXXXXXX/XXXXXXXX/XXXXXXXX" \
    -e "CONSUMER_KEY=XXXXXXXX" \
    -e "CONSUMER_SECRET=XXXXXXXX" \
    -e "OAUTH_TOKEN=XXXXXXXX" \
    -e "OAUTH_TOKEN_SECRET=XXXXXXXX" \
    -e "USER_STREAM_WORDS=阿部 あべ" \
    -e "FILTER_STREAM_WORDS=abcang ABCanG1015 -@ABCanG1015" \
    -e "MUTE_USERS=ABCanG1015" \
    abcang/slack-twitter-egosa

更新履歴

  • 2016/08/23: 公開
  • 2016/09/20: ミュートユーザ、除外キーワード機能を追加
  • 2016/09/22: 除外キーワードバグの修正、gemで公開、大文字小文字を区別しないようにした

ライセンス

MIT

Docker Pull Command
Owner
abcang
Source Repository

Comments (0)