Public Repository

Last pushed: 6 months ago
Short Description
All-in-One Web開発環境: Ubuntu+Nginx(ssl)+Python3+Circus+Django+RabbitMQ+Node+Coffee+Redis+PostgreSQL
Full Description

Dockerfileは、こちら(GitHub)

Dockerfile一式は、こちらからダウンロード


1. 概要

PythonのWebアプリケーションに特化したローカル開発環境。
ローカルPCの開発用ディレクトリをDockerコンテナと共有し、そのUbuntu上で実行・開発・デバッグを行うための環境。

2. 構成バージョン

  • Ubuntu: 16.10 LTS (日本語対応)
  • Nginx: 1.10
  • Python3: 3.5.2
  • Circus: 0.14.0
  • Django: 1.10.6
  • RabbitMQ: 3.5.7
  • Node: 7.7.4
  • coffee: 1.12.4
  • Redis: 3.2
  • PostgreSQL: 9.5.6

3. 利用方法

3.1. ローカルPCにDockerコンテナと共有するディレクトリを作成(workspacとwwwの配置場所は任意)

mkdir ~/productment
mkdir -p ~/productment/ubuntu-nginx-circus-postgresql/workspace
mkdir ~/productment/ubuntu-nginx-circus-postgresql/www

3.2. Dockerコンテナの取得と起動

docker run -d \
  -v ~/productment/ubuntu-nginx-circus-postgresql/workspace:/develop/workspace:rw \
  -v ~/productment/ubuntu-nginx-circus-postgresql/www:/develop/www:rw \
  -p 80:80 -p 443:443 -p 5432:5432 -p 15672:15672 \
  -t -i \
  -h develop-server-01 \
  --name develop-server-01 \
  accon/ubuntu-nginx-circus-postgresql:1.01

PORT

3.3. 動作確認用ファイルの設置

~/public/data-volume/wwwディレクリ配下にindex.phpファイルを配置。

echo "TEST OK." >  ~/development/www/index.html

3.4. 動作確認

下のURLにアクセスしPHPの情報が表示されればOK。

4. よく使うDockerコンテナを制御するコマンド

  • コンテナのコンソールに接続
docker exec -it develop-server-01 bash
  • コンテナのスタート
docker start develop-server-01
  • コンテナのストップ
docker stop develop-server-01
  • コンテナの削除
docker rm develop-server-01
  • 起動中コンテナの確認
docker ps
  • 全てのコンテナの確認
docker ps -a
  • コンテナイメージの一覧
docker images

5. 利用例

5.1. Dockerfile:TAIGA

Docker Pull Command
Owner
accon

Comments (0)