Public Repository

Last pushed: a year ago
Short Description
SBM Visualizer
Full Description

SBMデータのビジュアライゼーション

server起動

docker run -it -p 80:5000 -v {assets dirのパス}:/usr/src/app/server/static/assets glucose/sbmvis

オントロジーをbuild用のデータにする。

docker run -it -v `pwd`/turtle:/usr/src/app/turtle glucose/sbmvis ./services.py build_index turtle/201108.ttl -d turtle/allie

turtle/201108.ttlはオントロジー。ここでは一つだが、複数ファイルを与えてもよい。
./turtle/allieディレクトリが作成される。

buildする。

docker run -it -v `pwd`/turtle:/usr/src/app/turtle glucose/sbmvis ./services.py build turtle/turtle_allie.ttl -a turtle/allie -d turtle/allie.json
turtle/turtle_allie.ttlはSBMデータ、一つのみ。
-aオプションの引数にbuild_indexで作成されたディレクトリのパスを与える(なくても作成は可能)。
目的となる、 ./turtle/allie.jsonが作成される。

Windows環境ではhttp://qiita.com/shiena/items/39bd32156b8d04ea5b92 の問題があったので、
docker run -it -v /`pwd`/turtle:/usr/src/app/turtle glucose/sbmvis ./services.py build_index turtle/201108.ttl -d turtle/allie
のようにパスを指定する時/を二重にして回避する。

Docker Pull Command
Owner
glucose

Comments (0)