Public Repository

Last pushed: 2 years ago
Short Description
Hinemos ver5.0(日本語版)がインストール済みのDockerイメージです。
Full Description

Dockerが動作しているサーバにてHinemos ver5.0(マネージャ、エージェント、Webクライアント)がインストール済みのDockerイメージをダウンロードし、Dockerコンテナとして簡単にHinemosをご利用頂けます。

■使用のための前提条件

・Dockerがインストール済みであること
・SELinuxが無効化されていること
・メモリは2GB以上
・その他の前提条件については、下記のドキュメントをご参照ください。

---
Hinemos ver5.0 インストールマニュアル
3 前提条件

○入手先
URL:https://osdn.jp/projects/hinemos/releases/p14306
install.pdf
---

■セットアップ手順
Hinemosコンテナを利用するための手順を説明します。
Dockerホスト(Dockerが動作しているサーバ)にて以下のコマンドを実行してください。

Hinemosのコンテナイメージをpullします。
# docker pull hinemos/hinemos-5.0-jp

イメージ「docker.io/hinemos/hinemos-5.0-jp」が表示されることを確認します。
# docker images

Hinemosコンテナを起動します。
# docker run -d --privileged --name hinemos-manager -p 8080:8080 -p 8081:8081 -p 1616:161/udp -p 1626:162/udp -p 5514:514 -p 80:80 hinemos/hinemos-5.0-jp /sbin/init

以上でHinemosコンテナのセットアップは完了です。

■Hinemosの利用手順
WebブラウザよりDockerホストの80ポートにアクセスすると、Hinemosクライアントの画面が表示されます。
ログインダイアログにて以下の情報を入力し、「ログイン」ボタンを選択します。

---
ユーザID:hinemos(デフォルトのまま)
パスワード:hinemos
接続先URL:http://localhost:8080/HinemosWS/ (デフォルトのまま)
マネージャ名:(任意のマネージャ名)
---

以上の手順でHinemosを利用するまでの準備は完了です。
Hinemosの詳しい利用方法については下記ドキュメントをご参照ください。

---
Hinemos ver5.0 ユーザマニュアル

○入手先
URL:https://osdn.jp/projects/hinemos/releases/p14306
user.pdf
---

■注意点
・本イメージの使用により生じたいかなる損害に対しても、NTTデータは一切の責任を負いません。
・本イメージは技術プレビューです。NTTデータが提供する製品サポートサービスの対象外となります。

■参考サイト
・Hinemosポータルサイト(http://www.hinemos.info/)
Hinemos公式ポータルサイトです。製品情報や技術情報をご覧いただけます。
また、Hinemos導入時の構築支援、製品保守サポートといったサービスを提供する
Hinemosパートナー各社の情報をご覧いただけます。

・Hinemosスタートアップ情報(http://www.hinemos.info/technology)
本ページでは、初心者の方向けに、Hinemosのセットアップから基本的な利用方法について記載しています。

・Dockerの監視・ジョブ運用検証報告(http://www.hinemos.info/technology/nttdata/2015091501)
本ページではDockerコンテナ上のシステム運用管理の技術課題を整理し、そのノウハウを公開しています。
また、それを実現するためのサンプルコードをダウンロードしてご利用いただけます。

Docker Pull Command
Owner
hinemos

Comments (0)