Public | Automated Build

Last pushed: 2 years ago
Short Description
You launched a mail server (XMail) immediately after the container starts.
Full Description

データの永続化に対応しましたが、予期せぬ不具合が出る場合があります。ご利用は自己責任でお願いします。

Although now supports persistence of data , there are times when it is unexpected trouble comes out . Use is at your own responsibility.


はじめに [ Introduction ]

煩雑なPostfix + Dovecot + MySQL + PostfixAdminではなく、XMail [ http://www.xmailserver.org/index.html ] によるメールサーバ構築です。

In complicated Postfix + Dovecot + MySQL + PostfixAdmin rather, it is a mail server built by XMail [http://www.xmailserver.org/index.html].

Dockerイメージのダウンロード時間を除けば数分でメールサーバ運用可能です。(DNS設定&浸透等はもちろん別途です。)

Except for the download time of Docker images is a matter of a few minutes This is the mail server operable . (DNS setting & penetration, etc. Of course, it is separately.)

公開して本番運用することを目的としていますので、Third Party Relay Check [ http://www.rbl.jp/svcheck.php ] の不正中継チェックをクリアすることも確認済みです。

Since Publish aims to be a production operation is Third Party Relay Check [http://www.rbl.jp/svcheck.php] bad relay check also confirmed that clear the.

設定方法は、以下が相当参考になりました。


前提条件 [ PREREQUISITE ]

  • 言うまでもないと思いますが外部とメール送受信するので、ホストOS側はグローバルIP(v4)必須です。(Vagrantでゴニョゴニョは対象外です。)

    Because you think will be external and mail sending and receiving and needless to say, the host OS side is a global IP (v4) required. (Vagrant is excluded.)

  • ホストOSからdocker-enter等でコンテナにログインして操作が必要になります。(sshdは立てていません)

    You will need the operation by logging to the container in a docker-enter, etc. from the host OS. (sshd does not run)

  • 認証局署名済みのSSL証明書一式はコンテナ起動後に手動でコピー(./xmail-data/)してください。(オレオレで良ければ初期設定シェルで作成します。)

    Please SSL certificate set of certificate authority signed by manually copy after container startup (./xmail-data/). (When you are happy with self-signature scheme is used to create the initial configuration shell.)


流れ [ Summary ]

ホストOS側では、GitHubリポジトリをcloneして、シェル(docker-container.sh)を実行するだけです。
Dockerイメージをダウンロードし、コンテナ起動されます。

コンテナにログインしたら、初期作成メールアドレス、パスワードを決め、SSL証明書を用意したらシェル(execme1st.sh)を実行します。


手順 [ Flow ]

  1. GitHubからリポジトリをclone $ git clone https://github.com/typista/docker-xmail.git
  2. ディレクトリ移動 $ cd docker-xmail
  3. コンテナ起動 $ sh ./docker-container.sh CONTAINER-NAME
  4. コンテナログイン $ sudo docker-enter CONTAINER-NAME
  5. パスワード等の編集 # vi execme1st.sh
    • XMail管理者ID xmailmaster
    • XMail管理者パスワード stayfoo1ish
    • 初期作成メールアドレス:info
    • 同パスワード:wysiwyg
  6. 認証局署名済みSSL証明書がある場合は/root/export/(ホストOSからは./xmail-data/)に用意(無い場合は7.で新規作成)
    • 秘密鍵 server.key
    • 証明書(公開鍵) server.cert
    • CSR ssl.csr
  7. XMail初期設定&起動 # sh ./execme1st.sh MASTER_DOMAIN SUB_DOMAIN
    • メールサーバホスト名がmail.example.comの場合、SUB_DOMAINmailとだけ指定
    • 署名済みSSL証明書が無い場合は、第3パラメータにSSL_SELF_SIGNEDをそのまま指定
    • SSL_SELF_SIGNED指定した場合はopensslコマンドを連続実行するので同じパスフレーズ(任意かつ忘れて構わない)を3回入力

メールクライアント [ Mail client ]

PC → △

おそらくOP25B環境かつThunderbird(Mac/Winともに31.2.0)は、オレオレ証明書ではメールクライアント設定NGなようです。Becky!なら設定できますが・・・

mail@example.comの場合、接続ユーザ名はメールアドレスそのものです。infoだけではないです。自動設定を試みるThunderbirdは必ずinfoのみを自動補完するので注意してください。

正しく設定できる環境(OP25Bでないor第三者認証局署名済みSSL利用)でも、Thunderbirdは必ず初回はPOP3:110、SMTP:25(ともにSTARTSSL)でないと設定完了しない。その後、SSL/TLSにするとPOP3:995、SMTP:465で認識されます。

iOS → ○ 

メールサーバホスト名などThunderbird同様に自動認識できないので、手動で逐一設定が必要ですが、SSL証明書の署名有無にかかわらず送受信まで確認できています。

Android → ?

知りません。試す予定もありません。

Gmail → ◎

外部接続して送受信可能です。

設定アカウントとインポートPOP3 を使用して他のアカウントのメッセージを確認

未署名SSLの場合はメールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する。のチェックを外し、ポートは110にしてください。


注意事項 [ CAUTION ]

コンテナは--restart=alwaysオプションで常時起動、XMailも丸一日持たずに落ちることがあるので、crondで1分間隔で監視→落ちてたら起動という処理にしていますが、まだまだ実績&テスト不足なので、メール紛失等のトラブルについて、一切の責任を持てません。

Always active in container --restart = always option, because it may fall without XMail also have a full day, but we are in process of When the boot monitoring → fall have at one minute intervals in crond, still experience & since testing lack, for the trouble of mail loss, etc., can not have any responsibility.

メールクライアントの設定は余裕があればキャプチャを掲載しようかと思っていますが、質問いただいても回答は期待しないでください。

Setting of e-mail client is I feel it posted a capture if there is room, but the answer even if I question Please do not expect.

Docker Pull Command
Owner
typista
Source Repository

Comments (0)