Public | Automated Build

Last pushed: a year ago
Short Description
Docker nativefier container
Full Description

nativefier

nativefierを使いやすくするため、Dockerコンテナー化します。

nativefierとは

WebページをElectronでラップしてデスクトップ・アプリケーション化するアプリです。

jiahaog/nativefier: Wrap any web page natively without even thinking, across Windows, OSX and Linux

なぜDockerコンテナー化するのか?

nativefierはNode.js(npm)を必要としますが、Node.jsが無い環境でも使用したいため、Dockerコンテナー化します。

(Dockerが入っているならNode.jsくらい入っているとは思いますが…)

使い方

docker run -v {出力先}:/mnt/dest u6kapps/nativefier {nativefierオプション} /mnt/dest
  • {出力先}には、ローカルPCの出力先フォルダを指定します。
    • マウント先に/mnt/destを指定していますが、nativefierがここに出力します。
  • {nativefierオプション}には、nativefierに渡すオプションを列挙します。
    • ENTRYPOINTnativefierを起動するため、指定したオプションが渡ります。
    • nativefierに渡すオプションは、jiahaog/nativefierを確認すること。

例えば、Windows向けのGoogle Calendarアプリを出力する場合は、以下のように実行します。

docker run -v /c/Users/xxx/Downloads:/mnt/dest u6kapps/nativefier -n "Google Calendar" -p win32 --honest "https://calendar.google.com" /mnt/dest

備考

  • Windowsで実行する場合はDocker MachineでDockerホストを構築して、その中でコンテナー実行すると思いますが、共有フォルダに出力しないと消えるので、注意です。
  • nativefierがダウンロードしたElectronはコンテナー実行後に消えますので、毎回、ダウンロードされます。
Docker Pull Command
Owner
u6kapps
Source Repository

Comments (0)